完全栄養食品 BASE FOOD(ベースフード) ベースヌードルを試してみました

ベースフードライフスタイル

完全栄養食品って知ってます?
あの日清も最近発売してみたいですが、それだけを食べれば1日の栄養素がすべて取れてしまうという未来的な食べ物。

こういうの好きなんですよ。
じぶん、グルメなんで(味の善し悪しがぜんぜんわからないので何でも美味いと言ってしまう)。

なので完全栄養食品の先駆け的なメーカー、BASE FOOD(ベースフード)のベースヌードルと、ベースブレッドを定期購入してみました。

BASE NOODLE(ベースヌードル)は麺、BASE BREAD(ベースブレッド)はパンです。
今回は麺の方、ベースヌードルについて感想なり実際のお試し具合を書いてみたいと思います。

 

ベースフード

 

ベースフード ベースヌードルの栄養素

 

ベースヌードル栄養素

こんな感じです。
gとかmgとか実数は実際に摂れる栄養の数値。
カッコ内は1日に必要な栄養素の何パーセントがとれるか、という数値です。

公式にはこのBASE NOODLE(ベースヌードル)一袋で、1日に必要な栄養素が3分の1が摂れるということ。
なので、理論的にはこれを朝昼晩1食づつ食べてれば健康体になれる、ということですね。

これは忙しい現代人にぴったり。
僕もなぜだかわかりませんが毎日忙しいのでとても助かってます。

しかも注目すべきは炭水化物の数値。
40.1gで1日の基準値の13%しかありません。

1日に3個食べても39%。
ベースフードはダイエットにもぴったりの食品ですね。

何気に食も繊維は43%も摂取できるので、便秘に悩むレディーの方にもいいじゃないでしょうか。
僕は生まれてこのかた便秘に悩まされたことがないんで、ベースフードのおかげではないと思いますが、毎日快便です。
ありがとうございます。

 

ベースヌードル
賞味期限は4月。
買ってから2ヶ月ちょい持ちますので充分な機関です。

 

ベースフード ベースヌードルの見た目

袋を開けてみました。

ベースフードの中身

 

ジャジャーン。

麺です。
ベースヌードルを開けたら麺が出てきました。
当たり前のことを書きましたが、これがまた独特なんです。

ニオイはなんだろう。
いかにも体に良さそうなにおい。
麦がたっぷりで変な添加物は一切入れてませんよ的な天然酵母全開のパンのような匂いがします。

でも、別に嫌な匂いじゃない。

 

触るとパサパサしており、打ち立ての麺が粉にまみれた感じ。
麺は麺でもヌードルはヌードルでもうどんではない、そう、蕎麦です。

見た目の色も触感もそばに近いですね。

ベースヌードル アップ

 

ベースフード ベースヌードルを作ってみました

 

説明書きにもあるように、ベースヌードルは沸騰したお湯で3分ほど茹でます。

が、多忙なビジネスマンには茹でる時間ももったいない。
そして面倒くさがり屋さんの僕にとっても茹でる時間があるけど、めんどい。

そんなときに使うのが電子レンジ。
とりあえずお湯入れて温めればなんとかなります。

ベースフードの公式サイトにもきちんと、電子レンジでも調理することができます、と書いてます。

 

BASE NOODLE®は、沸騰したお湯で3分間ゆでることを推奨していますが、電子レンジで調理することも可能です。電子レンジでの調理後も、栄養素が必要量含まれていることが確認できています。

引用:BASE NOODLE®は、電子レンジで調理はできますか? – ベースフード  よくある質問

 

いやー、すばらしいですね。

レンジで作ってもきちんと栄養素が保たれたまま。
完全栄養食品は熱にも強いです。

 

そこで、お湯を入れて500ワットの電子レンジで2分、あっためてみました。

ベースヌードル レンジ

 

はい、失敗しました。

湯切りのできない容器で温めてしまいました。

なんか想像では、ベースヌードルがお湯を吸っていい感じに湯切りしなくてもモチモチの麺が出来上がる予定でしたが、そんなことはありませんでした。

そりゃパスタだって焼きそばだって湯切りしますもんね、これは不覚。
アラフォーにして知らないことが世の中には多いです。

 

なんとか箸を上手く使って、ちょいちょい湯切りをして食べられる手前までもっていきました。

 

湯切りのベースヌードル

 

見た目は良さそうですね。
湯切りには失敗しましたが多分成功です(どっち?)。

このまま食べても人によってはいいと思いますが、さすがに自分はそこまでの面倒くさがり屋さんではありません。
ちょっとは手間ひまかける人間です。

そこで、ベースフードを買ったときにおまけとしてついていたパスタソースをかけることにしました(ぜんぜん手間がかかってない)。

 

ベースフード ベースヌードルを食べてみました

 

ペペロンチーノ

オーマイのペペロンチーノのパスタソースの他に、なぜかクノールのカップスープ、コーンクリームスープが入ってました。

ベースフードさん、気が効きます。

 

そしてペペロンチーノをかけてみました。

ベースヌードル ソース

 

うまそうです。
我ながらうまくできました。

では実食。
いただきます。

 

うん、辛い

 

ここにきて自分が辛いものがあまり好きでないことに気づきました。
ペペロンチーノってこんなに辛かったっけ?

ベースヌードルの麺の味が吹き飛ぶ勢いです。
辛いもの好きな人にとってはちょうどいいのかもしれませんが僕にとっては激辛です。

パスタソースのパッケージに踊っている「ピリ辛」の文字の意味するところはちょい辛いではなく、激辛だということです。

 

ベースフード ベースヌードルの味は?

 

それでもなんとか完食。

ピリ辛に舌をやられて肝心のベースヌードルの味の感想が言えなくなるところでした。

ベースヌードル自体の僕の感想です。

ふつう

 

まずからず、かといってうまからず、でも食べられる、そんな感じでしょうか。
他に例えられる食べ物があるとすると、、
コシのないどん兵衛のそば、かな。

見た目もそうですが食感もうどんではなくそば。
ましてはヌードルだからといってラーメンと思って食べるとそのギャップにやられます。

 

ネットで口コミやレビューを見てみると、「まずい」とか「食べ続けられない」とかマイナス評価も多いですが、栄養食品ですからね、味を求めるものではないんで仕方ないでしょう。

味を求めるなら炭水化物や脂質はもっと多くしないといけないですし、そうなると完全栄養食品のアイデンティティがなくなってしまいます。
「ふつうのそば食っとけ」ってなっちゃいますから。

 

ベースフード ベースヌードルは味よりも栄養価!

 

ベースヌードル

 

ベースフードの定期購入を始めたのは実はちょい前から。
パンのほう、ベースブレッドは食べてて、今回初めてベースヌードルにチャレンジしてみました。

栄養成分はベースブレッドもベースヌードルも文句なし。

今回はベースヌードルだけでなかなかの文章量になっちゃったんで、パンはまた次回、書けたら書く(行けたら行くくらいの信ぴょう性)。

ベースヌードル、ベースブレッド両方ともに定期購入すると、初回のお試しは割引があるんで始めやすいです。
しかもいらない月はスキップ、飛ばすことができるんで自分のペースに合わせて続けることができます。

僕もベースブレッドはかれこれ半年以上は続いてます。

お昼によく食べてますが、コンビニ弁当やカップラーメン食べるよりコスパいいし、何より体にいい。
なんとなくですが大人ニキビが減ってきたような気もしないでもないですが、これはベースブレッドのおかげかどうかは定かではありません。

ただ、栄養表をみる限りは体にいいことは間違いなし。
月イチ届くんでいちいち買いに行く手間もなく楽ちんです。

と、最後はおすすめして終わりにしたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました